子どものころからムダ毛が濃いことをコンプレックスに思っていました。小学校低学年の頃、体育の時間に同級生から「毛濃いよね」と言われたことが発端です。
ムダ毛のことなど全く気にしていなかったのに、それからというもの過剰と言えるほどに気になって仕方ありませんでした。
さすがに小学生の時には処理をするという発想がなく、ひたすら隠すことで何とか対応していました。中学生になる頃には見かねた母から「脱色したら?」
と勧められひじ下の毛を脱色。目立たなくなったことで半袖を着てもストレスを感じることが無くまりました。しかしある日、またもや友達の一言で視線との
戦いの日々が始まりました。その一言とは「毛が金色にキラキラしてるね」というものでした。

小学校の同級生も含めてどちらも悪気のない一言だったのだと思いますが、コンプレックスを持っていた私には重くのしかかったのです。
大人になった今となっては何をそんなに悩んでいたのだろうと思いますが、何気ない一言で人を傷つけることもあるという事を学べたたけでも意味のある「悩み」だったのでしょう。

Vラインの脱毛に困っています。水着の時はもちろん普段の下着でも毛がはみ出てしまうので昔から友達に誘われても水着を着た事がありません。
でも今年は可愛い水着を着て海とかプールに行きたいのでhttp://edgehealthandfitness.net/ここで調べてどうにかしてVラインを綺麗に脱毛したいと思います。
だって恥ずかしい思いしたくないですからね

Leave a Reply